ベイビー

赤ちゃんの便秘に注意|早めに対処するのがベスト

哺乳瓶にも使える安全な水

水

安心安全の水があること

赤ちゃんが一日のうちに摂取するのは、お母さんの母乳か、もしくは哺乳瓶から飲むミルクです。お母さんの母乳は、お母さんが普段食べているものが栄養となります。では哺乳瓶のミルクの場合はどうなのでしょうか。使用する粉ミルクも大きく関わってきますが、特に大きな問題となるのが水です。もしも水道水の水に雑菌が多く含まれていたら、赤ちゃんは哺乳瓶から雑菌を多く含むミルクを飲むことになってしまいます。もちろん、水道水の水は浄水場で綺麗にしているといっても、赤ちゃんのためにより安心安全の水を選びたいと考えるのは、親として当然のことです。では、赤ちゃんのために安心安全の水を常備するためには、どのような選択肢があるのでしょうか。その答えの1つが、ウォーターサーバーに存在します。

常備できる水の秘密とは

ではウォーターサーバーの水は、なぜ常備が可能なのでしょうか。その答えが、ウォーターサーバーは、定期的に水を配達してもらえるという点に存在しています。月に何本など、決まった本数を定期的に配達してもらえます。定期的に配達してもらうことで、水の在庫を切らすことなく、常に安心で安全な水が家にある状態となります。このようなウォーターサーバーを利用することは、普段の生活だけではなく、災害時にも役に立ちます。家にウォーターサーバーの水があれば、災害時の非常用の水として活用できます。給水車が来るとしても、災害時は十分な水が確保できるとは限りません。そのような時でも、ウォーターサーバーの水が家に常備してあることで、ピンチをしのぐことにも繋がるのです。